株式会社ぱむ

ソリューション

Contents Marketing コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、まだニーズが顕在化していないユーザー(潜在顧客)が求めるコンテンツ(記事)を掲載し、集客、収益をめざすマーケティング手法です。
検索ユーザーの80.6%が情報収集段階と言われています。情報収集する段階のユーザーを集客し、継続的なコミュニケーションをとることで、最終的なコンバージョンにつなげます。

効果のでるコンテンツマーケティング

潜在顧客層を獲得するコンテンツマーケティングは、企業が伝えたい情報を一方的に伝えるのではなく、ユーザーが求める情報と企業が伝えたい情報の交差するコンテンツを作ることが重要です。

ぱむがご提供するコンテンツマーケティング

検索キーワードに隠されている、ユーザーの思考を理解し、ペルソナ(検索背景・悩み)を作成して読者を明確にしていきます。
読者を明確にした上でユーザーの悩みを解決する構成・原稿を作成していきます。

例えば、保険会社の場合

検索ユーザーを知る

まずは、ユーザーの検索ニーズを明確にします。
右の図はユーザーが「保険」というワードで調べた場合のサジェストキーワード※の種類、検索ボリュームを視覚化したものです。

※Googleが検索者に対して提案(推薦)しているキーワード

読者を明確にする

上記手段を用い検索ニーズを調査しペルソナを設定、コンテンツ内容を決めていきます。
例えば『医療保険 終身 60歳払済』で検索したペルソナは?

例:30~40代のファミリー世帯 妻と小学生の子どもを持つ中年男性 小坂 茂さん
例:30~40代のファミリー世帯 妻と小学生の子どもを持つ中年男性 小坂 茂さん
  • 年齢/性別
    39歳男性
  • 居住地
    神奈川県(横浜市)
  • 家族構成
    妻と小学生の子ども2人/賃貸マンション入居
  • 職業
    会社員 中堅IT会社のシステムエンジニア
  • 給料
    年収600万円
  • 現在加入の保険
    定期付終身保険(死亡保険)に入院特約を付加
  • キーワード
    「医療保険」「終身」「60歳払済」

検索状況/心境

プロジェクトの管理や顧客との折衝、部下の育成などで毎日忙しい中堅の社員。妻の知り合いのすすめで大手生命保険の定期付終身保険と会社の団体生命保険に加入している。近所の工場跡地にマンション建設計画が持ち上がり、手頃な価格帯から購入を検討中。
最近、会社の同僚がネットで保険を見直し、先進医療や生活習慣病などに対応し、毎月の保険料も納得できる金額になったと聞いた。マンション購入費(頭金)や子どもの教育費のこともあり、働き盛りの自分が病気やケガで働けなくなったときの不安を感じた。帰宅後にネットで保険比較サイトを利用したこともある。保険ショップは予約が面倒で、自由な商品選択ができないと思っている。

保険の悩み

10年前に加入した保険(特約)を見直すべきか悩んでいる。
また、先進医療や通院特約に対応し、生涯保障される終身タイプがよいと思っているが、その場合、現役時代に払い終える「60歳払済」と「終身払い」で、どれくらい保険料の差があるのか知りたい。

悩みの背景

以前加入した生命保険は知り合いに勧められるまま加入したので保障の内容がわからず、保険に対する安心感、加入の実感がない。教育費負担増への不安、マイホームへの憧れが常にある。また、保険料はできれば現役のうちに払い終えたいと思っている。

以上のフローを経て、原稿を作成することで、ユーザーが求める記事を作成することが可能になります。

ソリューション

制作実績

WEB制作

詳細を見る
ロボアドバイザー

ロボットアドバイザー

詳細を見る
動画

動画

詳細を見る
インターネット広告

インターネット広告

詳細を見る
トップページ > コンテンツマーケティング
top